スポンサーサイト

[--/--/--/--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




==========================
ブログランキング参加中!

応援よろしくお願いします!

==========================

--:-- | スポンサー広告  | page top

南アフリカワールドカップ 準々決勝

[2010/07/07/Wed]

ベスト4を賭けた熾烈な戦い
1試合を除いて、予想通りの接戦です。
その1試合がまさかあの対戦になるとは…


★ ウルグアイ 1-1 ガーナ(4PK2)

アフリカ最後の希望であるガーナが、前半のうちに先制

しかし、今大会屈指の2トップであるウルグアイの
フォルランとスアレスがこの試合も魅せました

後半、フォルランが左45度のFKを強烈に突き刺して同点
この人はFKでも得点を獲れるのね
前の試合までは1.5列目をやってたみたいだけど、
2トップの一角でやるほうが、上手くいくみたいに見えるな~

そして試合は延長にもつれこみ、
延長後半終了間際にウルグアイゴール前の混戦から
ガーナのアディアが放ったヘディングは、
ウルグアイのGKを越えてゴールへ一直線

それを阻止したのは、何とゴールライン上で守っていたスアレスの両手
もちろん退場 そしてガーナのPK。
泣きながら退場するスアレス

しかし、ガーナのギャンがこのPKをはずしてしまう
一転して大喜びのスアレス

そのままPK戦へ突入すると、
ガーナはギャンが1番目に登場してPKを決める。
この状況で蹴ろうとした彼には敬意を払いたい

しかし、ガーナは3、4人目が連続して外してしまい、
ウルグアイは4人目までが全員決めたため試合終了

スアレスの行為は褒められたものではなかったけど、
十分に罰も受けたので、彼がウルグアイを救った英雄だと言っても
過言ではないでしょう。

サッカーって本当に怖い
っていうか、南米チームの勝利に対する執念を改めて感じた試合でした


★ アルゼンチン 0-4 ドイツ

衝撃の結果

ドイツはイングランド戦に続いて4得点を叩きだし、
優勝候補のアルゼンチンを完全に粉砕

試合内容は、アルゼンチンがシュート20本でボール支配率が53%と、
互角以上なんだけど、試合のコントロールは先制点後から完全にドイツのものだった。

特にショートカウンターの切れ味は、どう見ても世界一
クローゼを筆頭とした前線からの組織的なプレスも、ほぼ完璧に機能したので、
アルゼンチンの選手が個人で仕掛けても、全く突破できなかった

アルゼンチンはグループリーグで攻撃力が爆発したので、
守備の脆さが隠れていたけど、ドイツ相手に化けの皮を剥がされた感じ。
テベスはタフに戦っていたけど、1人だけじゃねぇ…

マラドーナのパフォーマンスや、メッシの個人技が見られなくなるのは残念だけど、
順当な結果でしょう


★ オランダ 2-1 ブラジル

まず、この試合を裁いた審判団は、西村主審を筆頭とした審判団でした。
素晴らしいジャッジを見せましたよ

試合は、前半10分にロビーニョがいきなりスーパーゴール
カカからオランダDFの裏にでたボールに、
上手くダイレクトでコントロールショット
技術の高さを見せつけるシュートですね~

今大会のブラジルは手堅いので、このまま勝ちきるかと思いましたが、
この得点で中盤が少し甘くなってしまいました。

そうなると、スナイデルとロッベンが自由にプレーしだし、
後半に逆転

さらに、ブラジル中盤のF・メロがロッベンを踏みつけて一発退場

ドゥンガ監督は、最後までパワープレーなどで
攻撃の枚数を増やさなかったのが悔やまれる…

元々は魅力的なサッカーが代名詞の両国が、
今大会は現実的な戦い方をしていますが、
ブラジルは消化不良のまま負けてしまったので、
国民からバッシングを浴びそうです


★ パラグアイ 0-1 スペイン

日本と120分+PK戦の死闘を演じたパラグアイ。
徐々にチーム力が上がりつつあるスペイン。

後半に両チームともPKを外すという難しい展開
しかし、終了まで10分を切ったあたりで、
交代出場のセスクとペドロが作ったチャンスを
ビジャが押し込み決勝点

スペインは60年ぶりのベスト4進出です

敗れたパラグアイは、やはり最後で疲労が影響してしまったか



ベスト4の対戦は以下の通り。

 ウルグアイ vs オランダ
 ドイツ vs スペイン

欧州3国に、南米1国。
地域で見るとありがちなパターンですが、
中身は優勝未経験国が2チームと、フレッシュ顔ぶれになりました

スポンサーサイト



==========================
ブログランキング参加中!

応援よろしくお願いします!

==========================

[ テーマ : FIFAワールドカップ ] [ ジャンル : スポーツ ]

22:10 | 南アフリカワールドカップ  | トラックバック:0  | コメント:0  | page top

南アフリカワールドカップ 決勝トーナメント1回戦

[2010/07/05/Mon]

一発勝負のトーナメント戦が開幕
ここから真のワールドカップが始まります

★ ウルグアイ 2-1 韓国

韓国無念

一度は追いついたものの、スアレスに勝ち越し弾を許し、
散ってしまいました。

でも、今大会の韓国は非常に強いチームで、
全試合を通して楽しませてもらいましたよ

そしてもう一つ、常に日本より先に試合をしてくれることで、
ある意味、日本をベスト16へ導いてくれたんじゃないかと思っています

ギリシャ戦では世界相手に怯まない勇気を。
アルゼンチン戦では大国を相手にするときの教訓を。
ナイジェリア戦ではあきらめずに戦う信念を。

なので個人的には、韓国と日本は東アジアのプライドを賭けて、
一緒に勝ち進んでいったというのが、素直な気持ちです


★ ガーナ 2-1 アメリカ

延長の末、アフリカ大陸最後の希望であるガーナが勝利

ガーナは掛け値なしで、ホントに強い
あれだけしぶといアメリカを跳ねのける、集中の持続力があるところが、
他のアフリカチームと違います

メンバーも若いし、今大会も今後もまだまだいけそうです

アメリカは、今大会どうしても先制されて追う展開が多かった。
さすがにここまで来ると力尽きましたね…


★ ドイツ 4-1 イングランド

ランパードの同点ゴールが、
ゴールラインを越えたにも関わらず認められないという世紀の誤審で、
試合の流れが完全にドイツへ向いてしまいました

もし、あのゴールが認められていたら、もっと接戦になっていたはず
とはいえ、調子の上がりきらないイングランドが勝ちきれるかというと、
それはそれで微妙だったかも

それにしても、ドイツのカウンター時の鋭さと攻撃陣の決定力には
目を見張るものがあります

エジルは完全に攻撃のタクトを振るってますねー


★ アルゼンチン 3-1 メキシコ

こちらは、テベスのオフサイドが見逃されてゴールを認められるという誤審

実力的にはアルゼンチンのほうが上なので、
大きく結果は変わらなかったかもしれないけど、
ここまで概ね良いレフェリングを見せていた審判団が、
上の試合とあわせて、この1日で評価ガタ落ちでした

メキシコは好チームだと思っていただけに、
良い試合になって欲しかったんですけどね…


★ オランダ 2-1 スロバキア

ヨハン・クライフ氏にそっぽ向かれるぐらい手堅いサッカーをする
今大会のオランダ代表が、前半と後半に1点ずつ取って、完璧な試合運び

最後にPKで1失点するも、力の差を見せました



★ ブラジル 3-0 チリ

今大会注目チームとなった超攻撃チームのチリでしたが、
ブラジル相手に攻撃サッカーはちょっと厳しかったかも…

ボール支配率は互角、シュートは15本打ちましたが、
無得点に終わってしまいました

対してブラジルは、3得点
カカが戻ってくると、攻撃面がスムーズになり、
決定力も上がるんですかね

94年に優勝した時のブラジルっぽい強さがあります
(当時はドゥンガがキャプテンだったから当然か


★ 日本 0-0 パラグアイ(3PK5)

死闘でした

ボール支配率は相手にやや上回られるも、
守備から入る戦術の日本にとっては悪い展開ではなく、
全く互角の勝負になりました。

お互いに120分戦っても決着つかず、
今大会初のPK戦までもつれ込み、
日本は駒野が外したのに対して、パラグアイは全員成功。

日本の選手は泣き崩れました

今大会の日本代表にはいろんな想いが駆け巡りますが、
それはまた後日にじっくりと。


★ スペイン 1-0 ポルトガル

スコアは最少得点差ですが、スペインはボール支配率が61%、
シュート数が19本(ポルトガルは9本)と圧倒しました

フェルナンドトーレス以外は、かなり調子が上がってきたと見ていいのかな

ビジャはコンスタントに得点を取れるので、非常に頼りになります

ポルトガルは前回大会のような強さは見せられず
やはりデコがいなかったのが痛かったか
C・ロナウドも一瞬の輝きを数回見せただけに止まってしまいました


ベスト8の対戦は以下の通り。

 オランダ vs ブラジル
 ウルグアイ vs ガーナ
 ドイツ vs アルゼンチン
 スペイン vs パラグアイ

どの大会でもこのあたりの試合が一番おもしろい
どれも見逃せないなぁ




==========================
ブログランキング参加中!

応援よろしくお願いします!

==========================

[ テーマ : FIFAワールドカップ ] [ ジャンル : スポーツ ]

01:23 | 南アフリカワールドカップ  | トラックバック:0  | コメント:0  | page top

南アフリカワールドカップ グループE・F・G・H 最終戦

[2010/06/29/Tue]

日本vsデンマーク戦は、あまりにも書きたいことが多すぎて、
記事がまとまらない
時間が出来たときに、ゆっくりと書くことにします

というわけで、各グループの結果と感想です

【グループE】

★ デンマーク 1-3 日本

★ カメルーン 1-2 オランダ

☆グループE順位表

 勝ち点
  9  オランダ  (+4)
  6  日本    (+2)
  3  デンマーク (-3)
  0  カメルーン (-3)

オランダは3連勝で勝ち抜け
直接対決となった日本とデンマークは、日本が快勝して勝ち抜け
FIFAランクはともかく、今大会のサッカーの内容を見れば、
この順位で納得です

カメルーンは悪夢の3連敗に終わりました


【グループF】

★ スロバキア 3-2 イタリア

★ パラグアイ 0-0 ニュージーランド

☆グループF順位表

 勝ち点
  5  パラグアイ    (+2)
  4  スロバキア    (-1)
  3  ニュージーランド(±0)
  2  イタリア      (-1)

グループAに続くビッグサプライズ
何とイタリアが敗退した上に、最下位となってしまいました
3試合を通じて衰えを隠せなかったカンナバーロは、ついに代表引退です。

ニュージーランドは3試合ともドローという粘り強さを見せたけど、
後一歩及びませんでした。

パラグアイは、メキシコ同様、攻守共にバランスの取れた
好チームに仕上がってます


【グループG】

★ ポルトガル 0-0 ブラジル

★ 北朝鮮 0-3 コートジボワール

☆グループG順位表

 勝ち点
  7  ブラジル     (+3)
  5  ポルトガル    (+7)
  4  コートジボワール(+1)
  0  北朝鮮      (-11)

ポルトガルとブラジルが引き分けて、仲良く勝ち抜け
ただ、試合のほうはデコとカカという両チームのゲームメーカーがいなかったことで、
お互いにやや単調なリズムの試合になった感があります

コートジボワールは、最後に意地を見せましたが2位には届かず
でも、ドログバがある程度活躍してくれたので、
こちらとしてはホッとしましたね

北朝鮮は…まぁこれが実力差でしょう。
今後はチョン・テセの去就に注目ですね


【グループH】

★ チリ 1-2 スペイン

★ スイス 0-0 ホンジュラス

☆グループH順位表

 勝ち点
  6  スペイン   (+2)
  6  チリ      (+1)
  4  スイス    (±0)
  1  ホンジュラス(-3)

スペインが這い上がりました
相手がチリでお互いに攻撃的だったのが、ある意味良かったのかもしれません。
もし、3戦目がガチガチに守ってくるチームだったらスコアレスドローで敗退してそう

そして負けたとはいえ、チリも決勝トーナメント進出です
次戦の相手はブラジルですが、攻撃的なサッカーでどこまで食い下がれるか
1サッカーファンとして楽しみですね

スイスも今大会は堅実な強さを発揮していたので、
勝ち抜けてもおかしくなかったんですが、
やっぱ攻撃的なチームが上がるほうが楽しいですよね~




==========================
ブログランキング参加中!

応援よろしくお願いします!

==========================

[ テーマ : FIFAワールドカップ ] [ ジャンル : スポーツ ]

02:18 | 南アフリカワールドカップ  | トラックバック:0  | コメント:0  | page top

南アフリカワールドカップ グループA・B・C・D 最終戦

[2010/06/26/Sat]

グループリーグ最終戦は1日4試合。
正直言って、全試合の映像を見るのが追いつきませーん

【グループA】

★ メキシコ 0-1 ウルグアイ

★ フランス 1-2 南アフリカ

☆グループA順位表

 勝ち点
  7  ウルグアイ(+4)
  4  メキシコ (+1)
  4  南アフリカ(-2)
  1  フランス (-3)

2試合目までで大きなアドバンテージを持っていた
ウルグアイとメキシコがそのまま勝ち抜け

メキシコのほうが上手かと思ってましたが、
ウルグアイの狡猾さは、さすが南米という感じ。
見事です

今大会のフランスは成績も内紛も含めて、あらゆる面で最低でした
国民の信用を取り戻すのは、大変でしょうね…

南アフリカは、最後にフランスを下すという大仕事をやってのけましたが、
開催国がグループリーグで敗退というインパクトのほうが
大きく残ってしまいました


【グループB】

★ ナイジェリア 2-2 韓国

★ ギリシャ 0-2 アルゼンチン

☆グループB順位表

 勝ち点
  9  アルゼンチン(+6)
  4  韓国     (-1)
  3  ギリシャ   (-3)
  1  ナイジェリア(-2)

今大会の韓国の試合は、何故かを揺さぶる試合が多い
ナイジェリア戦は、先制されて、追いついて、逆転して、追いつかれる
というハラハラドキドキの展開

最後は気迫のプレーでドローに持ち込みました

アルゼンチンのほうは、早々に決勝トーナメント進出を決めているので、
これまで控えだった選手を先発させる余裕
ここまでの戦いぶりは順調そのものですねー


【グループC】

★ スロベニア 0-1 イングランド

★ アメリカ 1-0 アルジェリア

☆グループC順位表

 勝ち点
  5  アメリカ   (+1)
  5  イングランド(+1)
  4  スロベニア (±0)
  1  アルジェリア(-2)

イングランドは意地の勝利で勝ち抜け
しかし、前評判ほどの強さがどうしても見えない
決勝トーナメントでも間違いなく苦しみそう…

アメリカは後半ロスタイムに決勝ゴールという、劇的な展開
スロベニアが敗れたので、逆転でグループCのトップに躍り出ました
決勝トーナメントの組み合わせを考えても、これは大きい

オシムさん推薦のスロベニアは、かなりいい線までいったんですが、
残念ながら敗退
でも、人口200万人の国が大きな進歩を遂げた大会だったと思います


【グループD】

★ ガーナ 0-1 ドイツ

★ オーストラリア 2-1 セルビア

☆グループD順位表

 勝ち点
  6  ドイツ    (+3)
  4  ガーナ    (+1)
  4  オーストラリア(-4)
  3  セルビア   (±0)

ドイツはきっちり一位通過
この国は一度負けたぐらいでは、番狂わせを起こさせない力があります

アフリカ勢が全体的に苦戦する中、ドイツには敗れたものの、
ガーナは安定した強さを発揮しました
90年代後半あたりから若年層の大会で頭角を現してきた国ですが、
ここ2大会で、強化が正しい方向に進んできたことを世界に示しています

オーストラリアはドイツ戦の4失点がなければ…
アジア枠として初めて出る大会でしたが、この成績を世界はどう見るでしょうかね?




==========================
ブログランキング参加中!

応援よろしくお願いします!

==========================

[ テーマ : FIFAワールドカップ ] [ ジャンル : スポーツ ]

11:45 | 南アフリカワールドカップ  | トラックバック:0  | コメント:0  | page top

南アフリカワールドカップ グループF・G・H 2試合目

[2010/06/24/Thu]

【グループF】

★ スロバキア 0-2 パラグアイ

パラグアイは攻守においてバランス良く、決定力もありますね
このチームを倒すのは、非常に骨が折れそうです

もし日本が決勝トーナメントに進んだ場合は、
当たる可能性が非常に高いので、結構悩ましい…


★ イタリア 1-1 ニュージーランド

イタリアがまた引き分けました
シュート数23本、ボール支配率57%で1得点のみ
かなり心配になってきました

気になるのは、ここまでの失点にほとんどカンナバーロが絡んでいること。
彼の全盛期の凄さを知っているだけに、こんなカンナバーロは見たくない


☆グループF順位表

 勝ち点
  4  パラグアイ    (+2)
  2  イタリア      (±0)
  2  ニュージーランド(±0)
  1  スロバキア    (-2)

このグループは、決勝トーナメント1回戦でグループEのチームと当たるので、
どこが上がってくるか非常に気になりますねー
イタリア次第かな


【グループG】

★ ブラジル 3-1 コートジボワール

ドログバがスタメンで出場。何だか少しホッとしました
しかもゴールまで決めてるし

とはいえ、相手はブラジル。
ルイス・ファビアーノの2ゴールと、
カカのスルーパスに反応したエラーノのゴールで3得点と快勝でした

ただ、ルイス・ファビアーノの2点目はハンド疑惑があります。
本人は「聖なる手が助けてくれた」と、86年のマラドーナのようなことを言ってますが、
VTRで見るとバレバレですね

まぁ判定は覆りませんが

あと、最後にカカが退場になったシーンもVTRだと、
ひじ打ちしてはいませんでした。

この試合の審判団は、決勝トーナメントで笛を吹くことないでしょうね


★ ポルトガル 7-0 北朝鮮

前回のブラジル戦で拮抗した試合を見せたので、
なかなかやるな~と思ってたら、これです

またアジアの印象が悪くなってしまうので、勘弁して欲しいんですけど…

もう、日本と韓国が頑張るしかないね

あ、C・ロナウドは今大会初ゴールです
ボールを背中でリフティングするのは、なかなか笑えましたよ


☆グループG順位表

 勝ち点
  6  ブラジル     (+3)
  4  ポルトガル    (+7)
  1  コートジボワール(-2)
  0  北朝鮮      (-8)

ブラジルは勝ち抜け決定
得失点差から考えると、ポルトガルもほぼ間違いないでしょう


【グループH】

★ チリ 1-0 スイス

チリが、スイスの堅い守備をこじ開けました

スイスのW杯の最長無失点時間記録は559分でストップ
退場者が出たのが痛かった

それにしても、ビエルサ監督が作るチームの攻撃性は凄い
試合終盤に最少得点差であっても、全く時間稼ぎをしようとしない姿勢には、
思わず拍手してしまいます(これで追いつかれたら笑えないけどね


★ スペイン 0-1 ホンジュラス

スペインが勝った

試合内容としては、まだまだ目覚めたとは言い難いですが、
ビジャの2ゴールでとにかく勝ったことが大きい

主力選手のコンディションさえ上がってくれば、
もっと良いサッカーが出来るはず


☆グループH順位表

 勝ち点
  6  チリ      (+2)
  3  スペイン   (+2)
  3  スイス    (±0)
  0  ホンジュラス(-3)

第3戦はスペインとチリの直接対決があります。
間違いなく激しい試合になるでしょうねー
要チェック




==========================
ブログランキング参加中!

応援よろしくお願いします!

==========================

[ テーマ : FIFAワールドカップ ] [ ジャンル : スポーツ ]

02:46 | 南アフリカワールドカップ  | トラックバック:0  | コメント:0  | page top
 | ホーム |  次のページ »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。