FC2ブログ

スポンサーサイト

[--/--/--/--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




==========================
ブログランキング参加中!

応援よろしくお願いします!

==========================

--:-- | スポンサー広告  | page top

セルビア戦の位置付け

[2010/04/01/Thu]

今週末に行なわれる日本代表vsセルビア代表の一戦ですが、
なかなか興味深いメンバーが選出されています

【GK】
 楢崎 正剛(名古屋)
 川島 永嗣(川崎F)
【DF】
 中沢 佑ニ(横浜FM)
 駒野 友一(磐田)
 徳永 悠平(FC東京)
 栗原 勇蔵(横浜FM)
 今野 泰幸(FC東京)
 長友 佑都(FC東京)
 内田 篤人(鹿島)
【MF】
 中村 俊輔(横浜FM)
 稲本 潤一(川崎F)
 遠藤 保仁(G大阪)
 山瀬 功治(横浜FM)
 阿部 勇樹(浦和)
 石川 直宏(FC東京)
【FW】
 玉田 圭司(名古屋)
 矢野 貴章(新潟)
 岡崎 慎司(清水)
 興梠 慎三(鹿島)
 永井 謙佑(福岡大)

栗原、山瀬、矢野は久しぶりの選出、
そして、福岡大の永井がサプライズとして選ばれています

永井という選手のプレーは実際に見たことがないのですが、
スピード豊かな選手のようですねー

フレッシュな顔ぶれが揃った今回の選出ですが、
実は第一次岡田政権のときと召集タイミングが酷似しています。


時は遡って、1998年4月1日の日韓戦。
この年は日本が初めてワールドカップに出場した年です

この日韓戦で岡田監督は、当時18歳の小野伸二と17歳の市川大祐を、
代表に初招集しました

鳴り物入りでJリーグに入団し、開幕から活躍していた小野はともかく、
市川はほぼ無名だったため、どういう選手かさっぱり分かりませんでした
(当時の清水の右サイドは主に安藤だったはずだし…)

日韓戦後も2人は招集され続け、小野はそのままワールドカップのメンバーにも選ばれ、
市川も直前合宿までメンバーに残っていました。


つまり、岡田監督にとってこの時期の選出は、
十分戦力になりえる計算が立っているということでしょう

ちなみに、1998年のときは、大会直前でもう1人株をした選手がいました。
それは中西永輔です
スピードと粘り強い守備が出来る彼が台頭したことで、
本大会初戦のアルゼンチン戦で、クラウディオ・ロペスを封じる目処が立ったのです

現在の代表常連のセンターバック陣を見てみると、
残念ながらスピード系に強い選手がいないようにみえます

栗原にはそういった部分の期待が大きいのかもしれません
そういう意味では、坪井が復帰でもしない限り、
意外と栗原は本大会メンバーに残れる可能性が高いかも…

永井も含めて、今回の試合では各選手の起用法に要注目です



==========================
ブログランキング参加中!

応援よろしくお願いします!

==========================

[ テーマ : サッカー ] [ ジャンル : スポーツ ]

23:19 | 日本代表  | トラックバック:0  | コメント:0  | page top
« J1 第4節 湘南が初勝利 | ホーム |  大阪にトレセンがオープン »

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL :  http://capricciosoraven.blog99.fc2.com/tb.php/127-b63c0b6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。