スポンサーサイト

[--/--/--/--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




==========================
ブログランキング参加中!

応援よろしくお願いします!

==========================

--:-- | スポンサー広告  | page top

浦和と仙台への制裁決定

[2010/06/09/Wed]

今回は、あまり楽しい記事ではありませんが、
どうしても書かなければならないことがあります。

日本サッカーの今後を左右する問題に対して、
Jリーグが制裁を下しました。

【詳細はこちら】

事の発端は、

5月15日のJ1第12節 ベガルタ仙台vs浦和レッズ戦で、
試合終了後に浦和レッズのサポーターからペットボトルが投げ込まれ、
それが観客に当たりケガを負わせたことと、
浦和レッズのサポーター約20名が、立ち入り禁止エリアに侵入し、
そのうち2~3名が、ベガルタ仙台のチームバスに向かって差別的発言を行った


というものです。


ベガルタ仙台はホームクラブとして試合の運営などの責任、
浦和レッズはビジターチームとしてサポーター対応を行なう責任を
問われた形だと思います。

正直、ちょっとベガルタ仙台が可哀想な気もしますが、
やはりホームチームとして、安全を確保する面で責任が出てくるのは
避けられないでしょう。


対して、浦和レッズについてはもう少し重い制裁を与えたほうが
良かったかもしれません。
というのは、制裁金だけだとクラブはダメージを受けますが、
サポーターは、該当者以外あまりダメージを受けないからです。

今回の件は、世界的に見ても良くないケースであり、
サポーターも含め、日本サッカー界全体が認識するべき問題であると思います。

なので、出来れば勝点減の制裁を下して、
浦和レッズに関わる人々全体に痛みを知ってもらうと共に、
Jリーグ全体にインパクトを与えて欲しい気持ちがありました。

「人の振り見て我が振り直せ」という言葉があるように、
浦和レッズが苦しむ姿を見て、他クラブ(サポーター含む)が
同じことを引き起こさない努力をより進めて欲しい。

 サポーターが事件を起こす
  ↓
 クラブが制裁を受ける
  ↓
 クラブの成績が落ちる
  ↓
 サポーターが離れる
  ↓
 クラブの経営悪化


こういった悪循環にだけはなって欲しくないので、
サポーターがクラブの足を引っ張らないよう、
今後はより注意していきたいものです。


==========================
ブログランキング参加中!

応援よろしくお願いします!

==========================

[ テーマ : サッカー ] [ ジャンル : スポーツ ]

23:34 | 国内サッカー  | トラックバック:0  | コメント:0  | page top
« ナビスコカップ予選リーグ 第5節、第6節 | ホーム |  南アフリカワールドカップ開幕! »

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL :  http://capricciosoraven.blog99.fc2.com/tb.php/157-eaa115a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。