スポンサーサイト

[--/--/--/--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




==========================
ブログランキング参加中!

応援よろしくお願いします!

==========================

--:-- | スポンサー広告  | page top

アルゼンチン相手に勝利!!

[2010/10/09/Sat]

ビックリしました
アルゼンチンに勝ちましたよ

相手が本気じゃないとか、疲労で本来のプレーが出来なかったとか
いろいろ言われていますが、素直に凄いことだと喜びましょう

ウルグアイは別にして、過去のW杯優勝国相手に
日本のA代表が親善試合でも勝てたことがあったでしょうか?

そういった面から見ても、凄いことをやってのけたと思います


日本の先発メンバーは数名のケガ人が出たこともあり、
GK 川島永嗣
DF 長友佑都、内田篤人、今野泰幸、栗原勇蔵
MF 遠藤保仁、岡崎慎司、香川真司、長谷部誠、本田圭佑
FW 森本貴幸
という11人。

対するアルゼンチンは、
GK ロメロ
DF デミチェリス、ブルディソ、エインセ 、G・ミリト
MF マスケラーノ、ダレサンドロ、カンビアッソ
FW メッシ、テベス、D・ミリト
と、親善試合とは思えない豪華な布陣でした


前半立ち上がり、
アルゼンチンの攻撃陣がいきなり牙を剥いてきました
最初にガツンとビビらせといて、試合の流れを手中に収める作戦です

しかし、日本は大きく混乱することなく、冷静に対処をしていました
このあたりは、南アフリカW杯ベスト16に進めた自信とプライドを
良い方向に持って来たことを感じさせます

そして、切れ味鋭いカウンター攻撃が実に効果的でした

なんていうか、大国を相手にした中堅強豪国の戦い方が上手く出来ていて、
世界で十分戦えるサッカーを、日本が魅せていたことは軽く衝撃でした

前半19分、長谷部の強いミドルシュートを相手GKが弾いたところに、
岡崎が詰めて先制点

これで試合がさらに面白くなりました

アルゼンチンは、攻撃陣にボールが渡ると危険だけど、
南アフリカW杯と同様で守備陣は意外と脆い

日本がを持ったときは結構フィニッシュまでいけることが
多かったですねー

前半のうちに、アルゼンチンはミリートとカンビアッソが怪我で交代
代わりに出てくるのがイグアインってのが何とも羨ましい

注目のメッシはやはりドリブル・パス・シュート共に強烈でしたが、
日本は何とかチーム全体でカバーして抑えています
おかげで後半もメッシのプレーを見ることが出来ましたね


後半も、一進一退の攻防。
いや、正確にはアルゼンチンが押し気味だけど、
日本がを持たせている感じでもあるというのが正しいかな

親善試合は交代が6人まで出来るということで、
後半は両チームとも多くの選手が交代しましたが、
試合の質はさほど落ちませんでした。

川島が怪我で交代するときは、ちょっとあせったけどね

森本と交代で入った前田は、
J1で見せている強さとテクニックを存分に披露してました

でも、この試合で一番良かったのは岡崎かも
今まではどこか雑なプレーがあり、世界相手にはちょっと苦しい選手だと
思ってましたが、今日のプレーなら4年後に向けて戦っていける気がします

あと、内田のクロスも精度が高かった
やっと本当のコンディションが戻ってきた感じです

長友はもう貫禄のプレーになってきました
攻守のハードワークはもちろんですが、判断力が前とは違う
間違いがほぼないです

他の選手も、しっかりチームに貢献してました

そして勝利のホイッスル

9月のパラグアイ戦に続いて、いいもん見させてもらいました

次の韓国戦はアウェイなので、
また違ったサッカーが見れそうですね




==========================
ブログランキング参加中!

応援よろしくお願いします!

==========================

[ テーマ : サッカー ] [ ジャンル : スポーツ ]

17:14 | 日本代表  | トラックバック:0  | コメント:0  | page top
« J1 第25節 ACL出場権獲得へ向けて | ホーム |  意地の張り合い韓日戦 »

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL :  http://capricciosoraven.blog99.fc2.com/tb.php/193-5925c013
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。