スポンサーサイト

[--/--/--/--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




==========================
ブログランキング参加中!

応援よろしくお願いします!

==========================

--:-- | スポンサー広告  | page top

アジアカップ2011

[2011/01/30/Sun]

見事に優勝しました

いやー、厳しい戦いだった

試合内容は散々で放送されるだろうから、
ここでは地上波で見れなかった表彰式の模様を拾ってきました




さて、今回のアジア制覇への道のりをちょっとまとめてみると、
非常に険しかったことが良く分かります。


・合宿に召集メンバーがほとんど集らず
 ↓
・槙野・酒井がケガで離脱
 ↓
・大会が始まってもコンディションが上がらない選手多数
 ↓
★グループリーグvsヨルダン戦
 先制されて苦しい展開。何とか吉田のヘッドでドローに持ち込む
 ↓
★グループリーグvsシリア戦
 1点リードの後半に不可解な判定から川島が退場
 PKで同点に追いつかれるも、その後に岡崎の頑張りからPKを獲得して
 何とか勝ち越す
 ↓
・松井がケガで離脱
 ↓
★グループリーグvsサウジアラビア戦
 意外にも歯ごたえのないサウジ。ここで控え選手を使えたのは大きかった
 ↓
★準々決勝vsカタール戦
 開催国相手に2度もリードを許し、これまた微妙な判定で吉田が退場
 しかし、香川が獅子奮迅の活躍を見せて2度とも同点に追いつき、
 後半終了間際に長谷部の鋭い縦パスを上手く受けた香川がゴール前で仕掛け、
 こぼれたボールを伊野波が押し込み決勝点
 ↓
★準決勝vs韓国戦
 今大会の全試合中で最高の試合両チームともアジアレベルを超えていた
 多少判定がおかしな部分はあったが、両チーム公平におかしかったのでまぁ良いか
 90分で決着つかず、延長前半に途中出場した細貝のゴールで勝ち越した日本だが、
 試合終了間際に韓国の意地で押し込まれ同点。PK戦へ。
 ここで川島を筆頭とした南アW杯組が、パラグアイ戦の経験を活かし、
 韓国に一度もPKゴールを許さず3-0で勝利
 見ているほうも、勝った嬉しさ以上に疲労感が残る試合だった
 ↓
・香川の骨折が判明して離脱
 ↓
★決勝vsオーストラリア戦
 オーストラリアの形にハマりつつも、何とか最後の一線は死守する日本
 CBのコンビネーションと経験不足が露呈したが、
 川島が鬼の形相でボールを跳ね返し続けた
 90分間スコアレスで延長突入。
 ザッケローニ監督が放った李というカードが1チャンスをものにして、
 延長後半ついに待望の先制点
 その後さらに押し込まれて、ペナルティーエリア内でごちゃごちゃするも、
 韓国戦の二の舞にはならず守りきって、アジア制覇


もうね、サウジ戦以外は全部心臓に悪かった

準々決勝以降は開催国、韓国、オーストラリアと厳しい相手ばかりだったので、
過去3回の優勝時に比べると本当に価値のある優勝だと思います


選手個人で言うといろんな発見があったけど、私的大会MVPは長友です
彼は本当に世界トップレベルのサイドバックになりつつあるかも
守備面やスタミナは南アW杯のときからハイレベルだったけど、
今大会は攻撃面(特にクロスを上げきる力と精度)も抜群だった
準決勝と決勝でのアシストが如実に物語ってます
日本人でこのようなサイドバックが出てくることは、凄いことだと思います

その他の発見といえば、
吉田は競り合い前のポジショニングなど課題も多いけど
思ったよりも足元がしっかりしていて、中澤や闘莉王の若い頃に比べると
フィードが出来る印象なので、経験積めば良いCBになる気がしました

内田は戦える選手になった印象
さすがブンデスリーグでスタメンはっているだけのことはある。
ただ、もう少し攻撃面で勝負して欲しい部分もあるけどね

岡崎は大きな大会でもしっかり仕事が出来る選手になりました
さらにもう一回り大きくなれば、世界でも仕事が出来るはず

本田はさすがと思わせるプレーが多かったんですが、
本人的には大会MVPに納得しないでしょうね
もっと危険な選手であるはずだから

あとは大体想定範囲内の力を出してくれたと思いますが、
せっかくなので途中出場でヒーローになった3選手にも触れておこう

伊野波は守備面で貢献できていましたが、
攻撃面では本人も言った通り微妙でしたね
それでも謎のポジショニングで決勝点を決めたカタール戦は印象深い
持ってる選手かもしれないです

細貝は韓国戦に出てきたとき、
パク・チソンを抑えるという非常に大きな仕事がありました。
彼が通用しなかったら日本は負けると思ってましたが、
まさかゴールを決めてしまうとは思わなかった
海外組として、大きな一歩を踏み出しましたね

そして決勝の李は、
利き足ではない左足でしっかり足をたたんでボールを抑えたボレーシュートが、
メンタル面の準備も含めて素晴らしかったです
これから先アジアカップが開催される度に映像が流れるでしょうね
Jリーグで継続的に結果を出して、代表に定着出来るよう頑張ってほしいです

その他の選手についてもいろいろ書きたいけど、
キリがないのでここまで

最後にザッケローニ監督の準備・采配は、さすがと思わせる部分が多かった

試合中の交代やシステム変更も、ほとんどが一定以上の効果をもたらし、
それ以上の結果を出した選手がいるのも、監督の人身把握術があるからこそ。
互角の試合を勝利に変える力を持ってますね


あー、サッカーって面白いな~

次の代表の大きな試合はコパ・アメリカ。
そこまではJリーグやACLで熱い試合を見せてもらいましょう


==========================
ブログランキング参加中!

応援よろしくお願いします!

==========================

[ テーマ : サッカー ] [ ジャンル : スポーツ ]

19:26 | 日本代表  | トラックバック:0  | コメント:0  | page top
« 今年のブログに対するスタンス | ホーム |  アジアカップを掲げてきました! »

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL :  http://capricciosoraven.blog99.fc2.com/tb.php/206-144fcb40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。